【共通テスト対策】フクフクちゃんの現代社会・倫理・政治・経済

受験生応援サイト 共通テスト 現代社会 政治経済 時事問題 大学入試 試験対策

【速修・過去問/創作問題】⑪国際政治・情勢(3)新冷戦(1979年~の10年間)

42 第二次オイルショックがサミット結成の契機となった
  • ✕サミット(先進国首脳会議)は1973の第一次オイルショック後の1975年に初めて開催 フランス大統領の提案でスタート。 米英仏、西ドイツに日本、これに伊も加わって。その後カナダが加わり、さらに1998年からロシアが加わりG8。現在はロシアが除名されG7。

 

43 第二次オイルショックの背景にイラクでの革命があった。

 

44 イラン革命は、イスラム原理主義による政治から国王による開発独裁へと転じた革命であった。
  • ✕国王による親米路線から、イスラムの法学者が指導する体制に。指導者ホメイニにより、反米・反ソ路線に転換。

 

45 イラン革命が生じた年、ソ連がポーランドへ侵攻したことで米ソの新冷戦と呼ばれる状況が生まれた。

 

46 ソ連のアフガニスタン侵攻に対して西側諸国はモスクワオリンピックのボイコットを行った。
  • ○逆に4年後のロサンゼルス・オリンピックでは東側がボイコットした。

 

47 レーガン大統領によって、対ソ防衛網を宇宙空間にまで展開しようとするSDI戦略防衛構想が打ち出された。

 

48 1985年ソ連でゴルバチョフが書記長に就任すると、ペレストロイカやグラスノスチを推進した。
  • ○個人的には、ゴルバチョフこそ、戦後の世界を最も大きく変えた男の一人だと思う。

 

49 ゴルバチョフは外交面では緊張緩和政策をとった。
  • ✕「新思考外交」・・・現社ではこの用語が問われるんだね・・・。なお、1989年にはアフガニスタンからも撤退。

 

50 1987年米ソ間で、中距離核戦力(INF)全廃条約が調印された。中射程の核運搬手段(ミサイル)の全廃を目指すものであった。
  • ○これまでは制限であったが、廃止へと舵が切られた。ただし、あくまでミサイルであり、核弾頭ではない。核弾頭は後のSTARTから。なお、2019年トランプ政権はこの条約の破棄をソ連の後継のロシアに通告した。えっ~と思うこととは思うが、その背景は、中国による中距離核ミサイルの開発や保有を制限できないことへの危機感とのこと。つまり、一度白紙に戻して、中国を含めた軍縮を図りたいという思惑のようだが・・・中国がこれに応じる様子は・・・期待できそうもない・・・とのこと。

 

51 1989 ポーランドで連帯が勝利し、非共産勢力主導の政権が成立した。

 

52 マルタで米ソ首脳会談が行われ、レーガンとゴルバチョフが「冷戦の終結」を宣言した。
  • ✕この時のアメリカの大統領はブッシュ父。なお、マルタ会談に先立つこと1987年に中距離核戦力「INF」全廃条約の時はレーガン

 

53 東ドイツのワレサがベルリンの壁撤廃を実現させた。

 

54 東西ドイツの統一後に、ベルリンの壁の開放が実現した