【共通テスト対策】フクフクちゃんの現代社会・倫理・政治・経済

受験生応援サイト 共通テスト 現代社会 政治経済 時事問題 大学入試 試験対策

【解答編】「三つで括って覚える現社・倫政」円高と円安

穴埋め編はこちら↓

 

外国為替相場の変動
 外国為替市場における円とドルとの「需要と供給」の法則で決まる
 ①円の需要が高いと
  ※例えば、日本に沢山のドルが入ってきて、円に替える必要があると
 ②円が外国為替市場から少なくなる = 円がレアものになる
 ③円の価値が上がる  = 円高
円高になる3つの「原因」
 ①貿易 → ( ○輸出 /  輸入)が増加 △ すれば円高
        →ドルがたくさん入ってくるから
 ②金利 → 日本の金利が ( ○高い  /   低い  )  △ と円高
 →外国の投資家が目をつける  ドルがたくさん入ってくるから
 ③株価 → 日本の株価が( ○上昇傾向  /  下落傾向  )  △ だと円高
              →外国の投資家が目をつける  ドルがたくさん入ってくるから
    ※円出カ(エンデカ)  輸出 と カ (カネ(金利)とカブ(株))が上昇 △ すると円高基調
円高になる「原因」 +3
 ④海外からのインバウンド ( ○増加  減少 ) △ すれば円高
          →ドルがたくさん入ってくるから
       ただし、インバウンドについては、上記の側面より、
      「円安の結果として活発になる」という結果の方を覚えておこう。
 ⑤物価    円の貨幣価値が上がれば円高なので ( インフレ / ○デフレ )の場合
          →物価が下がる=「貨幣価値が上がる」と円高
          →円高はデフレと親近性あり  ※円デカ(エンデカ) デ(出とデフレ)
 ⑥対外投資  対外投資が ( 増加  ○減少 ) すれば円高
        注意 対外投資は「ドル」で行なう
        →対外投資をするとドルが少なくなり「ドル高円安」に 
         だから対外投資は、むしろ減ると円高基調に
      ただし、対外投資については、上記の側面より、後に触れる
     「円高の結果として活発になる」という結果の方を覚えておこう。
円高になると・・・「結果編」  円高になった原因と逆のベクトルが働く 一般常識ベスト3
 ①輸出   ( が盛んになる   /  ○にブレーキがかかる ) 
 ②輸入品 ( ○が安くなる   /  が高くなる ) 
 ③日本人の海外旅行 ( ○が割安になる   /  が割高になる )
円高になると・・・「結果編」  重要ベスト3  +応用1
 ①円の購買力が ( ○高まる /  低くなる )
 ②対外投資が ( ○活発になる /  不活発になる )
 ③産業の空洞化が ( ○進む / 止まる )
+応用1 日本の方が物価が高かった製品の「内外価格差」は( ○拡大する / 縮小する )
●日本の円高・円安にかかる3段階
 360円~変動為替相場制に移行後
 ①「貿易」立国で 輸出が進み、じわじわと円高も進む 
 ②プラザ合意円高誘導、円高不況で「貿易」が伸び悩むと、
  円高を背景に「投資」立国へ
 ③バブル経済崩壊後、デフレ・内需冷え込みで超円高に(79円)
  リーマン・ショック後の2011も一時(75円)
  ※現在120円前後  一時のことを考えると、やや円安傾向か