【共通テスト対策】フクフクちゃんの現代社会・倫理・政治・経済

受験生応援サイト 共通テスト 現代社会 政治経済 時事問題 大学入試 試験対策

【穴埋め編】「三つで括って覚える現社・倫政」⑨選挙制度

18歳選挙権ということで、今後もしっかりと問われるはず。

選挙制度自体はかなり複雑になったが、しっかりと理解しておこう。差がつく。

②選挙運動・選挙違反

③投票にかかわる問題、どれも気が抜けない。

 

解答編はこちら↓

 

選挙制度   民主的な選挙の原則 1 +3
 ※「普通選挙」を求めて多くの人々が尽力
 さらに「①平等選挙・②直接選挙・③秘密選挙」も実施
 ※インターネット投票も検討されているが、投票の秘密が保障されえないとのことで足踏み
●三つの選挙制度
 小選挙区制・大選挙区制・比例代表制  それぞれのメリットは
 ①小選挙区制は(        )
 ②大選挙区制は(        )
 ③比例代表制は(        )  → 民意を正しく反映
●現行選挙制度の特徴
 ①衆議院に(        )制の導入
  二大政党形成への期待
 ②比例代表制の導入  ※参議院から先に導入
  小数政党の進出も可能 国民世論の縮図を反映させることができる
 ③(        )制 > 比例代表制
  政局の安定性を重視
衆議院選挙制度
 ①「小選挙区
 ②「(        )比例代表」 順位を決める  ドント式で選出
 ③「(        )制」(↓)
   ※比例代表の3本柱
      ①政党名のみ ②(        )  ③復活当選あり
          ※比例代表・同一順位複数・一人だけ当選の場合 → (        )で決める
参議院選挙制度
 ①「都道府県別選挙区」 広島は4人区 東京は12区  ※ただし「合区」が2つ
  ※ 合区 島根と鳥取、徳島と高知
 ②「(        )比例代表」 順位を決めない  ドント式で選出
 ③併用  「特定枠制」(↓)
     ※比例代表の3本柱
        ①(        )or政党名   ②(        )  ③「合区」を補うため定員UP
     ※比例代表の選び方→(        )枠が優先 一般枠は個人名での投票が多い候補者から当選

選挙制度の微調整
 ①衆議院小選挙区の定数に「(        )方式」導入
   各都道府県の人口を「あるX」で割り、商の小数点以下を「切り上げて」定数とする。
   各都道府県の数を合計した定数が、

   所与の定数(465-176)になるように「あるX」を変化させて決定する。→10増10減
 ②参議院の選挙区制に「(        )」導入
 ③参議院比例区に「特定枠」導入
   ※特定枠を使うかどうか、何人に適用するかについては、各政党が自由に決められる

●選挙運動に対する規制   三つ
 ①事前運動の禁止
 ②(        )の禁止
 ③選挙運動のための文書図画の配布にかかわる一定の制限
選挙制度をめぐる動向  三つ
 ①ナンタッテ  18歳から選挙権 選挙運動もできる 
   ※18歳未満の選挙運動は禁止
 ②在外投票制度の拡大  選挙区制もOKに
 ③インターネットを使った選挙運動の解禁
  ※ただし・・・有権者
   ・インターネット投票 ✕
   ・(        )による投票の呼びかけ ✕  ラインはOK
       ・マニフェストの印刷配布  ✕
●立候補者に関する重要な制度や法  三つ
 ①重複立候補制の変更
   ※小選挙区で有効投票総数の(        )未満で落選した重複立候補者には「復活当選」が
    認められなくなった
  ②比例代表選出議員の(        )移動の禁止
   ※離党自体で失職ではない
 ③候補者(        )法  2018
  ※衆議院参議院及び地方議会の選挙において、男女の候補者の数ができる限り均等
   となることを目指し、政党等が所属する男女のそれぞれの公職の候補者の数について
   目標を定める等、自主的に取り組むよう努めることなどを定める
一票の格差
 ①衆議院に対して、違憲判決2回→1970年代80年代 ・・・ただし選挙は有効(事情判決
  その後も3回「違憲状態」と指摘・・・現在、2倍程度
   ※衆議院小選挙区は「(        )」 2011年最高裁はこの廃止を求める
  →現在、アダムズ方式導入で是正
 ②参議院に対して、3回「違憲状態」と指摘・・・現在、3倍程度
  →参議院「合区」導入で是正
 ③「一票の格差」と「(        )」とのジレンマ