【共通テスト対策】フクフクちゃんの現代社会・倫理・政治・経済

受験生応援サイト 共通テスト 現代社会 政治経済 時事問題 大学入試 試験対策

【穴埋め編】「三つで括って覚える現社・倫政」⑫軍縮、紛争・難民、領土問題

軍縮はぼちぼち、

②難民はその意味合いがよく問われる、

③領土問題は出題実績が低いが、無視はしないように。

 

解答編はこちら↓

 

●核に関する条約の限界
 ①「部分的」 でも 「(    )」での実験は可能  
 ②「包括的」 でも 「(    )」は可能  しかも未発効
 ③核兵器禁止条約 発効したが 核保有国は批准していない
●米ロ軍縮条約の限界
 ①包括的核実験禁止条約
  ロシアは批准しているが、アメリカは批准していない
 ②中距離核戦力(INF)全廃条約はトランプ政権の時失効
      ※全廃はしたが、再軍備化は可能に
 ③現在唯一結ばれているのが(    )
  「(    )の核弾頭」の削減であって、
   備蓄核弾頭は削減対象になっていない
  ※ウクライナ戦争により、今後ますます混沌・・・
●一方で非核兵器地帯条約広がる  3じゃ収まらず 5地域
 1960年代  中南米  (キューバ危機が背景に)
 1980年代  南太平洋諸国
 1990年代  A・A ・・・ASEAN諸国・アフリカ諸国
 2000年代  中央アジア諸国
    ※南半球のほぼ全域が非核化  東アジアはまだ
●禁止条約
 ①1970年代  (    )兵器禁止条約
 ②1990年代  (    )兵器禁止条約 (湾岸戦争等が背景に)
        ※ 対人地雷全面禁止条約
 ③2000年代 ※ クラスター爆弾禁止条約
         ※はアメリカ・ロシア・中国・インドは未署名
●まだインプットされていないかも知れない 平和のための三つの動き
 ①2014 (    )貿易条約     通常兵器の国際的移転を規制
     日本も批准  アメリカ トランプ政権署名撤回
 ②(    )条約 
   核兵器及び「NPT非締約国」(インド、パキスタンイスラエル等)
   の核能力の凍結のため、
   核兵器その他の核爆発装置のための核分裂性物質
   (高濃縮ウラン及びプルトニウム)を生産禁止にしようというもの  
   1990年代から取り組まれているが進展なし       
 ③国連平和構築委員会 (2005~)   紛争が収まった地域に対して、
  不安定な平和が逆戻りしないように支援する政府間諮問機関
●安全保障にかかわる軍事同盟
 ①NATO 北大西洋条約機構
  冷戦時代は東西対立の西側の軍事同盟であったが、
  現在は東ヨーロッパ諸国も多くが加盟
  冷戦終結後はテロや地域紛争に対応しているが、
  本質はロシアに対する軍事同盟
  →このNATOの東方拡大が、プーチンの戦争の背景
 ②ANZUS、日米安全保障条約など
  アメリカは太平洋では
  (    )・ニュージーランドとの軍事同盟 ANZUS
  日本、韓国、(    )と個別の軍事同盟を結んでいる
WTOは解散したが・・・
 ロシアは、CIS内で、アルメニアカザフスタンキルギス
 タジキスタンベラルーシの6カ国と集団安全保障条約(CSTO)を締結
  ※中国とロシアは軍事同盟は結んでいない。
   しかし戦略的パートナー関係である。
●軍事同盟ではない、地域ごとの集団安全保障にかかわる動き
 ①欧州安全保障協力機構(    )   倫政・現社頻出機関
  東西ドイツの相互承認を経て、冷戦下の1975年に開催された
  全欧安全保障会議(CSCE)を前身に、1995年常設期間として改組
  欧州、北米、中央アジアの57カ国が参加する世界最大の地域安全保障機構
  第二の国連とも呼ばれ、加盟国間の「信頼醸成」に寄与
   ※ただし、今回のロシアのウクライナ侵攻をとめることができなかった
 ②(   ) フォーラム(ARF)
  ASEAN諸国の呼びかけで予防外交等について討議  
  アメリカ、ロシア、日本なども参加
  加盟国間の「信頼醸成」に寄与
    ※後に覚えてもらうASEAN諸国の経済的連携は「AFTA」
 ③その他、南北アメリカには米州機構OAS
  アフリカにはアフリカ連合AU)がある
  かつては、軍事同盟としての側面が強かったが、
  現在は貧困対策、人権問題などの解決を主な課題とする
   →東アジア・・・残念ながら、またもや存在しない
  ※ただし、日本については、国連の「人間の安全保障」を
   積極的に推進しようとはしているが

●国防費 主要国の比較
 ①国防費の総支出 アメリカ、中国、サウジアラビア
 ②国防費のGDP比(あくまで主要国のみ) サウジアラビア、ロシア、アメリ
 ③正規兵力 中国、アメリカ、インド
  ※順番を覚える必要はないが、米中が軍事的に拮抗していることと、
  ロシアの国防費のGDP比が高いことあたりは知っておきたい。
  サウジアラビアの国防費が高いことに、なぜ?と思う受験生も多いのでは。
  サウジアラビアイスラームスンナ派の大国で、

  シーア派国家のイランとの対抗上、軍備を増強していると言われている。
  アラブ諸国で唯一G20に加盟し、親米国家である。
  なお、正規兵力、第三番目に多い国を問うた問題を見たことがある。

  案外、そんな問題も出題されるかも知れない。

●地域紛争   3つのタイプ
  ※かつては「イデオロギー」の対立による戦争(代理戦争)もあったが・・・
   現在は以下の要因による対立が多い
 ①主に宗教的・民族的対立
  パレスティナ紛争など ユダヤ人vs(      ) 人
 ② + 領有権をめぐる対立
  (      ) 紛争など  
           インド(ヒンドゥー教)vsパキスタンイスラーム
        ※1982年の(      ) 紛争は、純粋な領有権問題 
            イギリスvsアルゼンチン
 ③資源をめぐる対立
  南沙諸島問題、尖閣諸島問題など
パレスティナ紛争
 ナチスによるユダヤ人迫害・虐殺→(      )(故郷再建)に基づくイスラエル建国
 しかし、そこにパレスティナ人(アラブ人)がいたことから生じる必然的な軋轢
 国連はパレスチナの地をアラブ人国家とユダヤ人国家に分ける「分割決議案」を採択
 ①4次にわたる中東戦争
  48年 56年 67年 73年 (世は転んで虚しく涙)
  →次第にイスラエル領が拡大→パレスティナ人の抵抗(       )
 ②1993年 オスロ合意
  アメリカの仲介でイスラエルと(      )が相互承認
  →しかし頓挫
 ③「ヨルダン川西岸地区」に長大な分離壁
  イスラエルは、東エルサレムも含むエルサレム全域を併合したとし、
  ここを首都と宣言(国際社会は認めていない)
●ロシアと周辺諸国との闘争
 ①(      ) 三国はCISに属さず独立 NATO加盟 
       → 以降ロシア、NATOの東方拡大を警戒
 ②(      ) (グルジア)はCIS脱退
  → EUNATO加盟を希望
 ③CISに属するウクライナEUNATO加盟を希望も
  ・・・ロシアによって侵攻される
●欧米の分離独立問題
 ①北アイルランドの独立問題
  スコットランドの独立問題
 ②(    )  
  カタローニャ地方、バスク地方の独立問題
 ③カナダ
  (    )州(フランス語圏)の分離独立問題
●国内での民族・人種問題
 ①アメリカの黒人差別問題
  1960年代~(   )権運動  (   )牧師の指導
  オバマ大統領・・・アメリカ史上初のアフリカ系アメリカ人の大統領
  しかし現在でも差別事象が
  →Black Lives Matter 黒人の命を粗末にするな
 ②南アでの人種隔離政策(アパルトヘイト
  国連総会で経済制裁の決議→1991年廃止
 ③(   )人問題
  トルコ、イラク、シリア、イランにまたがって生活する山岳民族
  独立を求めた運動が度々弾圧されてきた
●難民  難民条約で難民とは認められていない(難民)
 ①(      )難民  ②環境難民   ③国内避難民
●第三国定住
   難民を最初の受入国から別の国に送り、そこで定住を認める仕組み
 ①紛争当事国 → ②隣国  → ③第三国   
 ※(      )の原則
  迫害を受けるおそれのある国に難民を「追放・送還しない義務」
●2018末現在の難民 ベスト3
 ①シリア ②アフガニスタン ③南スーダン
   ※しかし現在ウクライナ難民が・・・
●難民の受け入れ(隣国)  ベスト3
  ①トルコ ②パキスタン ③ウガンダ   それぞれ上の紛争国より
  ※ウクライナ難民の場合ポーランドルーマニアモルドバなどへ
●難民の受け入れ  G7のべスト3
  ①ドイツ ②フランス ③アメリカ 
    日本はぶっちぎりの最下位
●現在の悲劇の3大民族  勝手ながら命名
 ①パレスティナ人  ②クルド人   ③ロヒンギャミャンマーから迫害
ロヒンギャベンガルイスラム教徒。仏教系のミャンマーに住む少数民族
●中国の人権弾圧
 ①チベット人  ②ウイグル人  ③香港
●日本の国交回復
 ①1956 ソ連     ②1965 韓国      ③1972 中国
  ※韓国、中国とは平和条約を結んでいるが、ロシアとは結んでいない
日本、韓国には賠償金を支払い、1966年から90年までのODA
日本、中国には賠償金払わず。1979年から2019年までODA
●日本 国交がない国
 ①北朝鮮  ②中華民国(台湾)  ③パレスティナ
●日本の外交三原則
 ①(      ) 国との協調  
 ②国際連合中心  
 ③(      ) の一員としての立場の堅持
北方領土、近い所2島は(     )と色丹島、それから(    )と択捉