【共通テスト対策】フクフクちゃんの現代社会・倫理・政治・経済

共通テスト 現代社会 政治経済 倫理 倫政 時事問題 試験対策

「三つで括って覚える現社の倫理」 ②源流思想

以下、「倫理分野」は、どれも基本的なところを押さえておけば事足りる。浅く広く目配りを。 

 

ギリシア思想の開示

①自然の根源(アルケー)を掴もうとしたのが自然哲学者たち
 神話的説明から脱却
 「水」はタレース
 「火」はヘラクレイトス

②社会のあり方に目を向けたのがたち

・「万物の尺度は人間である」はプロタゴラス
 → 主義

ソクラテス・・・問答法(産婆術)

・「無知の知」という謙虚な姿勢で、
 あくまで「な」真理を求めて弟子たちと問答を繰り返す 

ギリシア哲学の進展

①観念論(理想主義者)と経験論(現実主義者)

(1)観念論(理想主義者)

イデア界 → 観念論(理想主義者)が

 ソクラテスの求めた普遍的真理を根拠付ける
 もともと人間の魂は界にあり、それを想起したり、憧れたりする
 だから、不完全な三角形を三角形として認識できる

 

(2)経験論(現実主義者)

・現実主義者が

プラトンイデア論を批判
 理想と現実は別々にあるのではなく、現実の中にが内在しており、感覚で捉えられる個物のみが実在している
 → 現実世界の個物のが大切

 

プラトンアリストテレス

プラトンが理想としたのは「政治」

・勇気・節制
 → 知恵がうまく指導すれば、正義(調和のある状態)が生まれる 

アリストテレスが理想としたのは「制」
 → 過度や不足のを避けた「中庸」を得た政治体制

 

アリストテレスの正義論
・「人間はポリス的動物である」 →
 法を守るという「全体的正義」だけでなく、
  労働量に応じた適正な報酬の配分  「正義」、
  損害を被った者に対する賠償支払い 「正義」
 といった「正義」によって、「調和のある状態」
 = 正義が実現する
 → 後のロールズの正義論などの基盤

キリスト教の開示

①唯一絶対神

②人間はを背負う

③愛の宗教 
 神の愛()・神への愛・

キリスト教の発展

①弟子パウロ

・イエスの死は (自らのひとり子を犠牲にしてまでも、全ての人間の罪をあがなおうとした神の深い愛の発露)

・律法を守ることではなく「」によってのみ、「義」(正しい行為=救済に当たる行為)とされる

②教父アウグスティヌス

・人間が救われるのは神の(神が人間に与える恵み・慈悲)
 → 恩寵は「教会」を通じてもたらされる
 → 教会の権威付け

③スコラ哲学 トマス・アクィナス

 イスラームとの接触
 → 新たに知られたアリストテレス哲学とキリスト教的価値観に齟齬
 → むしろアリストテレス哲学を援用し、キリスト教の価値観を確固たるものにしようとした
   神の光・恩寵の光(=信仰)、自然の光(=理性)

・「は自然を破壊せず、かえって自然を完成させる」
 → 信仰と理性の「調和」を説く

キリスト教はローマ・教会、ギリシア正教会に分裂

 さらに16世紀、 と呼ばれる新たなムーブメントが起こり大きな勢力に
 → ルターとカルヴァンによる改革・・・教会よりも聖書

イスラームの開示と発展

①成立
 ユダヤキリスト教の影響を受けつつ、都市の宗教(相互扶助の実践を重視)として成立
 偶像崇拝の禁止徹底

ムハンマド
 最大にして最後の(神の言葉を預かる者)

③六信五行
 六信(神・天使・聖典預言者・天命)
 五行(信仰告白・礼拝・断食・・巡礼)

ムハンマドの家系を重視する派 と
    歴代の指導者を認める

・現在のイランはシーア派 
    イラクスンナ派が主流

・現在およそ20億人はムスリム

仏教の開示と発展

①神なき宗教

②人間を苦しむ存在と捉える

③真理(ダルマ)を悟れば苦から解脱できる
 ※四諦(四つの真理)
 ・諦  苦(四苦八苦)は避けることができない
 ・集諦  苦の原因は「」の集まりである
 ・滅諦  煩悩を滅っすれば安らぎの境地「」が得られる
 ・諦  修行方法に八つの正しい道(八正道 → 中道)がある

 ※縁起の法→あらゆるものは依存しあっている
   : あらゆるものは変化しとどまることがない
  諸法無我 : あらゆるものは不変の実体である我は存在しない
       → それなのに我に固執し煩悩をもつからから苦しむ

 ※慈悲 生きとし生けるものへの愛
  いつくしみ・与楽の心、 苦しみを取り除く・抜苦の心

 

上座部仏教小乗仏教)と大乗仏教

上座部仏教 南伝
 阿羅漢(個人の悟りを目指して修行を完成)が理想

大乗仏教  北伝
 (一切衆生の救済を目指して利他行に励む)が理想

中国思想  諸子百家

儒家

(1)孔子

・「」(親子兄弟の間の親愛の情→人を愛する思いやりの心)と
 「」(社会生活を営む規範)
 → 君子の「徳治主義」による政治を理想

(2)孟子

・「四端の心」
 (「の心」「羞悪の心」「辞譲の心」「是非の心」)
 による性善説に基づく「四徳」

・「革命」
 → 王が徳に反する政治を行なうならば、民衆の支持を失い、
   天命が別のものに移る
 → 禅譲(自ら王位を譲る)と放伐(武力による追放)による革命を是認

※後に漢の時代に儒学が官学化

※後に朱子学陽明学といった学的変容も

 

道家

(1)老子

・「廃れて仁義あり」

 → 道「タオ」こそが宇宙の根源的存在 これに則ることが大事
   道「タオ」に則った「無為自然
  (作為を捨てありのままの自然に身を任せる)の清浄な行いを重視

(2)莊子

胡蝶の夢
 → 万物斉同(ありのままの自然は本来等しい絶対無差別の存在)

③法家

  性悪説に基づき孔子の「礼」の側面を重視

韓非子 為政者の統治のための 信賞必罰の「法治主義」を主張